2017年12月25日

11月19日学連ゲーム(Fierd9遠征)

おはようございます!
 寝坊により生じたギルティポイントを清算するためにブログを書くことになったPtS二回生のユウです!学連ゲームから一ヶ月以上経ってるのはきっと気のせいです。たくさん書いたから許して・・・

 ではでは、学連ゲームの報告なんですけども今回の学連ゲームは遠征でFierd9さんに行ってまいりました!学連全員で22人、内PtS8人で参加しました。

 なぜかPtS全員の集合写真が無いのですが・・・二回生ズが映った写真はあるのでそれを載せます。

 なんか真ん中にPtS仮面だかハンドガンの貴公子だか呼び方が安定しない人がいますね・・・ハンドガン仮面とかでいいんじゃない?


 Fierd9さんは山の麓にあるフィールドで自然がすごかった(語彙力の欠如)です。

フィールド中段はこんな感じですかね

 椛ちゃんが綺麗ですね。

 天気は曇りときどき雨でした。ん?冬に雨・・・?ガスガン君!?ガスガン君!!?し、死んでる・・・!他の人のは知らないけど少なくとも僕のグロック26君は生ガス放射器と化しました。冬場ににガスガン使いたいときはヒーターとかカイロでマガジン暖めておこうね!ついでにマガジン2つ落としました、かなしい。

 フィールド構成は平らでバリケードがちらほらある下段(広い)となだらかなM字っぽい高低差のある中段とかなり急な斜面の上段(これほんとに登って大丈夫?)といった感じで、各拠点は中段にあって自陣の拠点から相手の拠点は見えないようになっています。下段以外は木が多く(主に杉)高低差もあるため射線が分かりにくい上に、林なのでBDUの迷彩効果がフルに発揮されて相手を視認しづらかったです。個人的にこの高低差やら迷彩効果やらで攻めるのが難しいな~と思いました。(小学生並みの感想)

 あとセーフティーが約24畳の屋内セーフティーで電気ポットや電子レンジ、姿見、冷蔵庫などがあって、屋外には水洗トイレもあってかなり快適でした。なんて文化的なんだ・・・(感動)

 ゲームは相手の拠点の笛を鳴らすフラッグ戦と、お互いの拠点の中間地点辺りにある旗を運ぶキャリー戦と、GMさんが巧妙に隠したお宝(小さめのクーラーボックス)を探して拠点に運ぶ宝探し戦を行いました。(何故かゲーム中の写真が無い・・・とても恐ろしい集団心理である――誰もゲーム中の写真を撮っていないのである!!!)ちなみにお宝は誰も最後まで見つけることができずに終了しました。お宝は下段真ん中辺りの岩の横に置いてあって上にを少し被せていたみたいです。シンプルな隠し方だったが故に見つけれなくて悔しかったですね。

 休憩時間には管理人兼GMの三浦さんの好意で私物の高倍率のスコープ(僕の知識不足で細かい名称が分からない)を覗かさしてもらったりしました。ありがとうございます!

 「干し柿がある・・・」「どこですか?」「○○のちょっと下」「あー見えます見えます」「「ひえ~しゅごい遠くまで見える・・・」」確かこんな感じの会話してました。不審者かな?

 ゲーム終了後は起伏が激し目なフィールドだった影響か、皆いつもより疲れているように感じました。最後は皆で使った屋内セーフティーを掃除しました、来た時より美しくの精神は大事ですね。あと僕が序盤で落としたマガジン2つはゲーム終了後血眼になって探したら見つかりました。真のハンターはまず足元を警戒する僕はたまたま見つかりましたがとかめっちゃ生えてるフィールドでマガジンとか落としたら見つけるのかなり難儀すると思うので皆さん気を付けましょうね。

 拙い文章でしたがここまで読んで下さりありがとうございました!


京大サバゲサークルPart-time Soldiersでは年中、入隊希望の方を歓迎しています!
興味のある方はまず気軽にご連絡ください!
Mail: kubbs.pts@gmail.com
Twitter: @KUBBSSoldiers





同じカテゴリー(サバゲ)の記事画像
日本橋遠征(+α)
9月19日学連ゲーム
6月18日学連ゲーム
5月20,21日 学生連盟合宿(1日目)
4/24第二回新歓サバゲ
4/17第一回新歓サバゲ
同じカテゴリー(サバゲ)の記事
 日本橋遠征(+α) (2017-09-24 12:31)
 9月19日学連ゲーム (2017-09-23 00:50)
 6月18日学連ゲーム (2017-07-13 15:47)
 5月20,21日 学生連盟合宿(1日目) (2017-05-25 18:10)
 4/24第二回新歓サバゲ (2016-04-25 12:36)
 4/17第一回新歓サバゲ (2016-04-19 00:39)

Posted by 京都大学BBスポーツ  at 02:47 │Comments(0)サバゲゲーム報告

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。