2018年01月22日

タイで実銃射撃体験ツアー

こんにちは!
PtS歴5年のPonsukeです.留年はしてないよ!

さて,私はこの前家族旅行でタイのバンコクというところに行ってきたのですが,その時に「実銃射撃体験ツアー」なるものに参加してきました.
それについていろいろ書かせていただきたいと思います.

今回の実銃射撃は,「タイ国軍射撃場」で行いました.
http://www.bangkokshooting.com/
実際に実銃射撃を行うときの流れと,それに合わせて感想などを書いていきます.


① 実銃射撃の申し込み

バンコク市内にある,BTSと呼ばれる高架鉄道のサラデーン駅のすぐ近くにあるタニヤプラザに窓口があります.

180108_thai_01

サラデーン駅の1番出口にこんな感じの看板があります.このすぐ横の階段を登ると,事務所が見えます.
(事務所の外観とかの写真は撮り忘れました・・・)

事務所に入って,実銃射撃体験ツアーに行きたい旨を伝えます.
日本人のスタッフが常駐しており,とても丁寧に説明してくれるため,タイ語が喋れなくても大丈夫です.
ツアーの空き具合にもよりますが,遅くとも2,3日先の日なら予約できると思います.
なんなら当日でもいけるかもしれないです.
ツアーの所要時間は,集合から解散まで長くても3時間,短ければ2時間程度になります.
私が行ったときは2時間ぐらいでした.

予約に際して,様々な注意事項を教えてくれます.
覚えてる限りでは,
・服装:タンクトップなど肩が出るもの,半ズボン,サンダルはダメ
・持ち物:お金(料金は当日払い,支払いの方法は現金のみだったと思います),パスポート(コピーでも可ですが,本物を推奨します)
・体調管理:酔っている状態はもちろんダメ,前日の酒が残ってても断られるかも

などがあったと思います.

また,グローブやプレートキャリアの貸出もやっているとのことでした.
貸出は無料なので,「実物プレートキャリア」という響きにビビッときたサバゲーマーは借りてみてもいいのではないでしょうか.


② 集合~射撃場到着

ツアー当日は,①で行った事務所で集合します.
集合時間は厳守です.遅れてしまっても基本的に待ってもらえないとのことです.

集合したら,料金の支払いとパスポートの確認の後,射撃場での流れや撃ち方を示したビデオを見ます.
エアガンで銃の扱いにはある程度慣れていても,ちゃんとビデオを見るようにしましょうね.
それが終わったら,いくつか最終確認事項の説明があり,いよいよ出発です.

事務所から数十分ほど車で移動し,タイ国軍の敷地内にある射撃場まで向かいます.
タイ国軍の敷地に入る時,敷地から出る時は案内係から「気をつけ!」の合図があります.
合図があったら,少しの間だけ姿勢を正します.

また,写真撮影は,敷地内を移動している間は禁止です.目に焼き付けておきましょう.
射撃場に着いてからは,撮影は自由となっています.

180108_thai_02

さあ,いよいよ実銃射撃の始まりです!


③ 実銃射撃

いよいよ実銃射撃の時間です.

180108_thai_03

インストラクターが常に1対1で対応してくれるため,安心して実銃射撃を行うことができます.
射撃のインストラクターはタイ人ですが,後ろに日本語が話せるスタッフが待機しているため,タイ語が喋れなくても大丈夫です.

この射撃ツアーのすごくいいところは,銃の操作を1からやらせてもらえる点です.
マガジンへの弾丸装填,マガジン装填,初弾装填,マガジン交換,すべてをやらせてもらえます.
ここ以外の実銃射撃では引き金を引く部分しかやらせてもらえない所しかなかったです.(少なくとも私の経験では)
サバゲーマーとしては震える要素なのではないでしょうか.私は震えました.

ちなみに,そのへんの操作がめんどくさいという人はちゃんとインストラクターにやってもらえます.
やってみたいけどやり方がわからないという人でも,インストラクターが教えてくれます.

実銃射撃には,3つのコースがあります.
・Aコース:22LR弾を5発撃つ練習の後,スラッグ弾を20発撃つコース.どれもセミオート銃
・Bコース:22LR弾のセミオート銃を25発と,38口径のリボルバーを25発撃つ初心者向けのコース
・Cコース:38口径のリボルバー,9mmセミオート拳銃,45口径のセミオート拳銃を計50発撃つコース


まずこれらの内どれかのコースを行った上で,追加弾の購入を射撃場で行うことができます.
追加弾は,選択したコースで用いていない銃でも選ぶことができます.

銃は,以下のようなラインナップとなっています.
私の知識足らずで,若干あやふやな感じのところもあります.ご了承ください.

・スラッグ弾or12ゲージ散弾:VEPR-12,XTR-12
・12ゲージ散弾:M870
・22LR弾:M16A2の22LR仕様,AK-74の22LR仕様
・45口径:ダブルカラムのガバメント(Hi-capaの刻印があったと思います),シングルカラムのガバメント
・9mm:Glock19
・38口径,357マグナム:S&W 357MAG?


A,B,Cコースのどれにも入っていない銃として,357マグナムを使用する銃とM870があります.
事務所や公式サイトの案内では,M9A1も置いてあるようでしたが,射撃場では見かけませんでした.
故障中なのか,あるいはG19を優先して使う理由があったのでしょうか・・・.(後述の理由かもしれません)

180108_thai_04
180108_thai_05


④ 射撃終了~解散,感想

射撃が終了したら,乗ってきた車で再び事務所があるタニヤプラザまで向かいます.
敷地を出るときにも「気をつけ!」の合図があります.気をつけしましょう.

タニヤプラザに着いたら,そこで解散となります.
お疲れ様でした.


実は,私がこの実銃射撃ツアーに行くのは初めてではなくて,何度か行ったことがあります.
覚えている限りで実際に撃ってみた感想を述べさせていただきます.

【全般】
私はハンドガン中心で体験させてもらいました.
当たり前ですが,リコイルスプリングがすごく硬かったです.スライドの溝が銃口側にある拳銃(例えば,東京マルイにもあるXDMなど)で,こんなとこの溝って使うのかなと思ってたのですが,リコイルスプリングがエアガンと比較にならないぐらい硬いため,あの部分に溝があると結構便利な気がしました.
また,これも当たり前ですが,発砲時の反動はエアガンと比べ物になりません.サバゲーみたいに1点に向かって連射とか普通に無理です.マック堺さんの実銃ラウンドアバウトが神業だと確信するレベルです.

【G19】
私が今回の射撃で一番やってみたかったやつです.銃身が短めであったり,銃自体が軽量であるところから,反動は強めのように感じました.
また,リコイルスプリングも他の拳銃に比べて硬めに感じました.
そのせいもあってか,スライドストップの形状がマルイのG34のように出っ張ってる形じゃないと下げにくいんじゃないかなと思いました.(コンパクトさとのトレードオフにはなってしまうのでしょうが・・・)

【M9A1】
以前に行ったツアーで撃ちました.
バレルが少し短めのモデルでした.東京マルイのタクティカルマスターぐらいの長さです.
フレームの鉄がそもそも弱いなど,インストラクターがやたらけなしていた記憶があります・・・(かわいそう)

【CZ-75】
以前に行ったツアーで撃ちました.
リコイルスプリングが比較的弱めなのか,スライドの形状がいいのか,どちらかはわかりませんが,スライドがそこまで硬くなかったような記憶があります.

【ガバメント(シングルカラム)】
木製でチェッカリングが入っている,よくある感じのグリップでした.
グリップが薄いのもあるのか,結構いい感じに滑り止めが効いていて撃ちやすかったです.
また,サムセイフティとスライドストップが幅広のタイプになっており,サムセイフティに親指を置きながらの射撃や,スライドストップの押し下げがやりやすかったです.

【ガバメント(ダブルカラム)】
以前のツアーで撃ちました.「おおーハイキャパだぁ」以外の記憶が残ってません.ごめんなさい.
サムセイフティに親指を置きながらの射撃がやりやすかったような記憶があります.

【38口径のリボルバー】
リボルバーは全然詳しくなくて銃の名前とか全然わからなかったです.ごめんなさい.
口径が小さく,また銃自体が比較的重めなのもあり,反動は拳銃の中では一番マイルドでした.
私のリロードはレボリューションが起きそうな気がしましたけど無理でした.(MGS3ってみんなやってる・・・?やってない・・・?)

【XTR-12】
反動が半端なかったです.
あまりに反動がでかすぎて私の身体では受け止めきることができず,ボルトの後退がうまくいかないことによる排莢不良を起こしまくってました.
最終的には後ろからインストラクターに右肩を押さえてもらいながら射撃しましたが,しばらく肩が痛くなりました.

【M870】
以前に行ったツアーで撃ちました.
反動が(以下略).リアサイトが存在せず,フロントサイトだけがあるタイプでした.
どこかで見た,「棒で指すように狙う」という狙い方をイメージして狙うと案外いい感じに当たってくれました.
あとポンプアクションも楽しかったです.煙を出しながら排莢されるでかい薬莢.つよい.


最後に.
これは2018年1月に行った時での情報です.
今後,コースの中身が変わったり,銃のラインナップが変わっている可能性があります.

上の感想で書いたCZ-75は,多分もう使われてないんじゃないでしょうか・・・.
実際にこの実銃射撃体験ツアーに行く際には,公式サイトのチェックを行うことをおすすめします.
公式サイト:http://www.bangkokshooting.com/


長々と書きましたが,以上で私のバンコク実銃射撃体験ツアーのレポートとさせていただきます.


京大サバゲサークルPart-time Soldiersでは年中、入隊希望の方を歓迎しています!
興味のある方はまず気軽にご連絡ください!
Mail: kubbs.pts@gmail.com
Twitter: @KUBBSSoldiers


同じカテゴリー(雑記)の記事画像
m92fマガジンのガス漏れ修理
ウィンチェスターm1892 ランダルカスタムを分解してみた
東京マルイローダーXL大修理&補強
日本橋遠征(+α)
KSC トカレフ 外部ソース化
12月27日 例会 銃修理講座
同じカテゴリー(雑記)の記事
 m92fマガジンのガス漏れ修理 (2018-09-17 17:46)
 ウィンチェスターm1892 ランダルカスタムを分解してみた (2018-07-31 23:13)
 東京マルイローダーXL大修理&補強 (2018-02-25 13:57)
 日本橋遠征(+α) (2017-09-24 12:31)
 KSC トカレフ 外部ソース化 (2017-08-18 11:35)
 12月27日 例会 銃修理講座 (2017-01-03 17:18)

Posted by 京都大学BBスポーツ  at 09:34 │Comments(0)雑記

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。